読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

松成さんの個展にて。

f:id:ferienomori:20160715120544j:plain

 

 

先日の松成真理子さんの個展で購入した絵をギャラリーまで取りに行ってきました。購入したのは上の絵、「アクアリウム」というタイトルの、今の季節にぴったりの作品です。

ほかにも「インコが大丈夫と言う」という絵と、「始発電車と羊草」という絵があり、どれも素敵で迷いに迷ったのですが、最終的にアクアリウムの色合いや可愛いらしさにに惹かれて購入。

くらげとか、おさかなとか、いろんな海の生物たちがかわいらしく描かれています。ブルーグリーンの深い色合いも素敵です。

 

 

f:id:ferienomori:20160715120557j:plain

広告を非表示にする

松成真理子展『日々是好日』 

 


f:id:ferienomori:20160706091041j:image


港区北青山にある、ギャラリーハウスマヤにて開催中の、絵本作家・松成真理子さんの個展に行ってきました。新刊絵本『雨ニモマケズ』(詩:宮澤賢治)の原画のほか、かわいらしい作品が展示されています。

松成真理子さんとは、『はるねこ』という絵本で一緒にお仕事をさせていただきました。愛らしい女の子とちょっとユーモラスな若草色のねこ、それに色彩豊かな春の絵をたくさん描いてくださいました。

私は、2002年に『まいごのどんぐり』で、松成さんが初めて絵本を出版された当時からのファンです。本屋で偶然みつけた松成さんの『まいごのどんぐり』がとても気に入って、その絵本を買って帰りました。私も小さい頃どんぐりが大好きで、秋になると必ずどんぐりを拾って集めるこどもでした。(じつは今でも・・・)

『じいじのさくら山』、『ぼくのくつ』、『ふでばこのなかのキルル』、『たなばたまつり』、そして今回の『雨ニモマケズ』・・・松成さんの作品は、温かくて、のびやかで、懐の深い作品ばかり。そして絵と同じくらいすばらしい松成さんの文章に、いつも胸を打たれます。

個展は7月9日まで開催中です。お時間のある方はぜひお運びくださいね。

 

f:id:ferienomori:20160706134353j:plain

 

f:id:ferienomori:20160705172431j:plain

雨ニモマケズ』原画と、タイルで作られたふくろう(松成さんの立体作品)



f:id:ferienomori:20160706091115j:image

右:絵本『雨ニモマケズ』 左:ポストカード『みかん』

 

 

f:id:ferienomori:20160705203556j:plain

ギャラリーハウスマヤ 

東京都港区北青山2-10-26

03-3402-9849



 
広告を非表示にする
<