読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

今年の手帳生活。

写真は、2016年に書いたほぼ日手帳です。 私はほぼ日手帳オリジナルのavec(年間2冊に分かれたタイプ)を自由ノートのように使っているので、一年で一冊ではとても足りません。昨年は5冊になりました。 kanno-yuko.hatenablog.jp 今年も引き続きほぼ日…

ルーチカ・プロットとマインドマップ。

ルーチカ7巻のプロットが11枚ほどで完成したので、それをA4の紙7枚にまとめて出版社へ送付。(下の白い紙がまとめた方) いっぱい直しが入るかなぁと思っていたのだけれど、とても気に入っていただけて、プロットの段階では直しが入りませんでした。(ひ…

ほぼ日手帳の入れ替え。

写真は全て2016年のほぼ日手帳です。三冊目を使い終えたので、新しいものに入れ替えました。向かって右側が使い終えた手帳。左のものがこれから使う新しい手帳になります。 私は、2冊分冊のavecというシリーズのほぼ日手帳を使っているのですが、日付け…

ふせんが作れる『ペタッとマーカー』

2週間ほど前から、新しい物語を書き進めています。 新しいアイデアを生み出したい時に私がよく使っている方法は、ふせんを使ったマンダラチャートです。マンダラチャートというのは簡単にいうと、 1.中心に、考えようとしているテーマを書き込み、2.その周…

チェコの老舗文具メーカー『CENTROPEN(セントロペン)

文具が大好きなので、ステーショナリーのお店があると、ついついフラフラと入ってしまうのですが、このCENTROPEN(セントロペン)もそんなときに見つけたもの。 セントロペンは、チェコ南部に拠点を置くチェコの老舗文具メーカーだそう。欧州各国で人気が高…

『海と山のピアノ』いしいしんじ

先々週のことになりますが、神楽坂にある「la kagu」にて開催された、作家いしいしんじさんの人形劇に行ってきました。これは、新潮社から発売されたいしいしんじさんの新刊「海と山のピアノ」にちなんだイベントで、表紙絵を描いた画家のくまあやこちゃんか…

「君の名は。」 を見て考えた『時間』というもの。

1000年ぶりという彗星の接近が1カ月後に迫ったある日、山深い田舎町に暮らす女子高生の宮水三葉は、自分が東京の男子高校生になった夢を見る。日頃から田舎の小さな町に窮屈し、都会に憧れを抱いていた三葉は、夢の中で都会を満喫する。一方、東京で暮らす男…

ほぼ日手帳をルーチカにカスタマイズ。

先日、スタバのタンブラーをルーチカ仕様にカスタマイズした日記を書きましたが、今回は、ほぼ日手帳をルーチカにカスタマイズしてみました。使ったのは同じく絵本はりねずみのルーチカの色校正用の紙です。 kanno-yuko.hatenablog.jp 色校正の用紙とは、実…

ほぼ日手帳の使い方(4)ほぼ日手帳一冊方式・実践編その2

本日二つ目のエントリー『ほぼ日手帳の使い方(3)ほぼ日手帳一冊方式・実践編(その1)』の続きです。「書きたいことを何でも書いていい(貼っていい)と言われても、フリーダムすぎてよくわからい!」という方のために。自由すぎるとかえって(?)ってい…

ほぼ日手帳の使い方(3)ほぼ日手帳一冊方式・実践編・その1(絵が描けなくても大丈夫!)

今日は『ほぼ日手帳の使い方(3)ほぼ日手帳一冊方式・実践編・その1(絵が描けなくても大丈夫!)』ということで、実際に私自身の手帳の内容を紹介していきたいと思います。 kanno-yuko.hatenablog.jp kanno-yuko.hatenablog.jp まずは先日ご紹介した本「…

ほぼ日手帳の使い方(2)ほぼ日手帳一冊の中に人生のすべてを詰め込んでいこう。『ほぼ日手帳一冊方式』のススメ

【ほぼ日手帳の中に人生のすべてを詰め込んでいこう。『ほぼ日手帳一冊方式』のススメ】 こんにちは。先日、「ほぼ日手帳が使いこなせない、というあなたへ、とっておきの手帳活用術(1)」というエントリーを書きました。(抜粋↓) 『その方法は、「ノート…

ほぼ日手帳の使い方(1)ほぼ日手帳が使いこなせない、というあなたへ、とっておきの手帳活用術(1)

(ほぼ日手帳 世界の伝統柄シリーズ 2011~2015) 昨日から発売になった「ほぼ日手帳2016」。今年も魅力溢れるたくさんのカバーが発売になりましたね。一日一ページ、180度パタンと開き、薄くて丈夫で書きやすいトモエリバーが特徴のほぼ日手帳。20…

ほぼ日手帳2016発売日 in LOFT

今日から9月ですねー。今、鈴虫らしきものの鳴き声が外から聴こえてきましたよ。今年はこのまま秋になってしまうのかしら。どうなのかしら。 9月の始まりの今日は、渋谷に行ってきました。いろんなお店をふらふらしてきたのですが、一番の目的は、今日から…

「小さいことば堂」(ほぼ日)         新刊出版記念 糸井重里さんサイン会

現在、青山にある「TOBICHI」で開催中の「ちいさいことば堂・2015夏」に遊びに行ってきました。糸井重里さんの新刊「忘れてきた花束」「ふたつめのボールのようなことば。」の出版を記念して行われているイベントです。会場では表紙画を描かれたミロコマ…

<