銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

「えほん はりねずみのルーチカ」発売!

f:id:ferienomori:20150620165717j:plain

「えほん はりねずみのルーチカ」の見本が届きました!

童話「はりねずみのルーチカ」は、現在4巻まで出版されていますが、私はまだ第1巻の原稿を書いている当初から、この物語は童話だけではなく、いつか絵本も出版したいと思い続けてきました。

葉胡さんの鉛筆のイラストも雰囲気があってとても素敵なのですが、同時に、やはりルーチカの住むフェリエの世界をオールカラーでみなさんに見てもらえたら・・・という思いがずっとあったのです。(葉胡さんの油彩画は本当にすばらしいので)

とはいっても、やはり先に出版されている童話を読んで下さる方が少ない場合には、なかなか絵本化というのは実現できません。今回、絵本を出版することができたのも、童話のルーチカをたくさんの方々が読んでくださったからこそなのです。本当にどうもありがとうございます。

絵本化にあたっては、この原作以外にも実はまったく違うお話を2本書き上げていました。その2本は、童話の中には出てこないエピソードだったのですが、フェリエの森工房の職人みんなでいろいろと話し合った結果、最終的にはフェリエの国の世界が一番わかりやすく、楽しく表現されている今回のお話が選ばれました。

この「えほん はりねずみのルーチカ」は、童話のルーチカ第1巻のダイジェスト版ともいえる一冊です。もちろん、32ページにまとめるために変更した部分もありますが、ストーリー的には重なる部分も多くあります。童話ではモノクロでしかご覧いただけなかったさまざまなシーンを、今回はオールカラーでお届けできるこがとてもうれしいです。

読んで下さるみなさんを、フェリエの国へご招待するような気持ちでこの物語を書いたので、絵本には、「ようこそフェリエのくにへ」という副題をつけました。ぜひ、フェリエの国へ遊びに行くような気持ちでページをめくってみてくださいね。

また、今回の出版を記念して、原画展やイベントも開催されます。会場となるブックハウス神保町さんでは、数量限定で葉胡さんと私のダブルサイン入り絵本も販売される予定です。イベントにいらしてくださった方で当日絵本をお求めいただいた方にも、ご希望があればサイン入れいたします。イベントに関しましては下記のエントリーをご覧ください。

みなさんにお会いできるのをとても楽しみにしています。

 

kanno-yuko.hatenablog.jp

 

 

 

広告を非表示にする
<