読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

『犬と猫とくらすとき』 チャリティー展

f:id:ferienomori:20161202173828j:plain

『犬と猫とくらすとき』DMハガキ

 

お友達のくまあやこちゃんにお誘いいただいて、港区北青山にて開催中の『犬と猫とくらすとき』チャリティー展に行ってきました。

犬や猫とくらしたいと思ったときに、飼い主のいない犬や猫を譲り受ける選択肢があることを知ってほしいという願いから、イラストレーターと絵本作家による保護活動チャリティー展が始まったそうです。

 

f:id:ferienomori:20161202173850j:plain

ギャラリー『DAZZLE』入口。

 

f:id:ferienomori:20161202173901j:plain

絵本作家どいかやさん絵・文のペーパーブック『ペットショップにいくまえに』と、イラストレーター・あずみ虫さんの手描きマグネット(手作りなので一つ一つすべて絵が違います)。

 

今回は、くまちゃんの絵が展示会のDMハガキに採用されていました。この絵を観た瞬間、とても新鮮な印象を受けたのと同時に、どこかレトロで懐かしい感じがしました。

ぜひ原画を見たいと思い、仕事の合間に行ってみると、絵のタイトルは『夢十夜~ねこの床屋さん~』。どうやら、夏目漱石夢十夜をモチーフにして描いたみたい。レトロ感が漂っていたのはそういうわけか、と納得。

鏡の周りに描かれたオブジェも、とても雰囲気があってよい感じ。私は物語がモチーフになっている絵が大好きなのですが、今回のくまちゃんの絵も、その奥にある物語が聞こえてきそうで、本当に素敵でした。

全ての作品は、展示テーマに合わせた猫か犬の絵で、タイトルの横には、その絵にまつわる思いやストーリーが、コメントされていました。

今現在、一緒に暮らしている大切な犬や猫への思い、あるいはかつて一緒にくらしていた犬や猫たちとの温かいエピソード。一つ一つの絵、一人ひとりの画家さんたちの、大切な家族に注ぐ深い思いを感じ、読んでいて思わず胸が熱くなりました。

お近くにお越しの際は、ぜひお運びくださいね。 詳しくは、こちら↓

gallery DAZZLE - 北青山・外苑前ギャラリーダズル

 

 

今日は外苑前まで行ったので、外苑前にあるスタバでお仕事してきました。

f:id:ferienomori:20161202180815j:plain

 

ルーチカ第7巻のプロット制作中。

原稿用紙の裏側を使って、思いつくことをどんどん自由に書いていきます。そのうちアイデアが固まってくると思うのですが、作り始めて2日目なので、まだらくがきみたいな状態。

ちゃんと日程通りに仕上がるようにがんばろう。12月はやることがたくさん。あっという間に今年が終わってしまいそう。

f:id:ferienomori:20161202180752j:plain

右上のスノーマンのマグは、昨日発売になったスターバックスのもの。先日、『ノーマン~』を見たせいか、つい心惹かれてふらふらと買ってしまいました。形がかわいい^^

 

 

kanno-yuko.hatenablog.jp

kanno-yuko.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする
<