読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

毎日書く習慣。

執筆について 日常

f:id:ferienomori:20170205145215j:plain

書き始める前。

 

今日は久しぶりに家で執筆。普段はほとんどカフェなどで書いているので、家で書くのは月に2~3回くらい。

以前、絵本の物語だけを書いていた時には、毎日書くという習慣はなく、アイデアが降りてきた時に一気に書く、というような、瞬発力を使って執筆する短距離ランナー的な書き方をしていました。(そして書かない時期は、何か月もぜんぜん書かない)

 

けれど、児童文学を書くようになってからは、筆力を上げていくために、毎日少しでもいいから書き続ける、という、持久力を使って執筆する長距離ランナー的な方法に切り替えています。

 

毎日書く習慣と、書き始めたら必ず最後までその物語を書き上げること(途中で投げ出さない)、そして、あれこれやらずに執筆だけに集中すること。これが、長い文章を書くことが苦手だった私が(なんとか)書けるようになってきたコツです。

 

毎日書き続ける、というのは、やってみるとけっこう難しいものです。なので、私は調子がいいときには無理せず書けて、調子が悪い時にも何とかがんばって書ける枚数、というのを自分の目標にしています。

 

私の場合、3枚~5枚が今のところ自分に合っている枚数のようです。通常は5枚コンスタントに書いているのですが、集中力が欠けてしまったり、どうしても書く気になれない時でもなんとか3枚は書くようにしています。(たとえわけのわからないヘンな文章でも・・・)

 

一日5枚でも、一か月書き続ければ150枚。一日3枚でも90枚です。チリも積もれば山となる。そう思いながら、なんとか自分を励ましつつ書き続けています。

 

そして、週に1日か2日、全く書かない日を作ります。お休みの日をつくるのもとても大切なこと。そうすると、気持ちがリフレッシュして、再び書く気力が湧いてくるのです。

f:id:ferienomori:20170205150505j:plain

書き終えた後。今日は7枚書いてしまいましたが、普段は絶対に5枚以上は書きません。(たとえ調子がいい時でも5枚でやめて余力を残す)

広告を非表示にする
<