銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

カール愛とルーチカ執筆。

f:id:ferienomori:20170526170014j:plain

 

じつはわたし、2,3年前から気づいてました。

カールの異変に。

 

カールといえば、昭和時代にはどこのスーパー、どこのコンビニにも必ず置いてあったスナック菓子です。いつでもどこでも食べたいときに手に入る身近なお菓子だったのです。

 

ところが、ここ二年くらいかなぁ。。気が付いたら特にコンビニでどんどん見かけなくなっていきました。(スーパーにはまだ置いてあるところがあった)

 

カールがおいていないお店に出くわすたびに、昭和生まれのわたしとしては、(カールがおいてない!? なんで??)と、もうまったく意味がわからなかったのですが、昨日、ようやくその理由がわかりました。

 

まさか、東京でカールが食べられなくなる日が来るなんて...( ノД`)…。カールは永遠になくならないものだと思っていた私が甘かった。

 

時々たべたくなるカールくん。昨日もちょうど買って帰り、ぱくぱくたべていた矢先のあのニュース。。カールが東京からなくなる日がくるなんて、昭和がどんどん遠くなりますねぇ・・

 

 

f:id:ferienomori:20170526170105j:plain

 

今日は雨だったので、家で一日お仕事してました。今年に入ってからずっと書いたり直したりし続けているルーチカ第7巻。今日、やっと第5稿が仕上がりました。

 

個人的な予定では、第4稿くらいで提出できるレベルになるかなぁと思っていたのですがそこまでたどり着けず、第5稿までずれ込むことに。

 

あとは、本当に細かい部分の直しだけで、ようやく編集者の方に提出できるかな、というところまでやってきました。絵が入っていない状態で全102ページ、原稿用紙で約100枚。(ちょっと多かったかな)

私ががんばって書き上げた原稿を、尻に敷くみく。(ちょっとうれしそうに見えるのは気のせいか?)

 

f:id:ferienomori:20170526170014j:plain

 

 

 

 

広告を非表示にする
<