銀の小箱

児童文学・童話作家 かんのゆうこのブログ

おひるね。


f:id:ferienomori:20170710143405j:image

 

 ひざのうえでおひるねするみく。

 

小さい頃からほんとうにあまえんぼうで、いつでもどこでも夏でも冬でも、とにかくべったりくっついてきて、なかなかはなれてくれないねこでした。(はがしても、はがしても、ひっついてくるという・・・)

 

ひざのうえで寝るのが好きで、かわいい顔をしてねるものだから、そうなるともう起こすのがかわいそうになって、一時間経過・・・二時経過・・・足がじんじんしびれてきても、下ろすことができなくなってしまう。

 

みくは小さな猫種なので、成猫になっても3kg弱しかなかったけれど、最近は年をとって少しずつやせてきて、先日久しぶりに体重を計ったら、1.5kgになってました。半分になっちゃったなぁ。だんだん、子猫にもどっていくみたいだね。

 

 

広告を非表示にする
<